部活のカレンダー

2020年5月10日日曜日

MML:流星(8人合奏)

流 星 ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン メインテーマ曲
歌:藍井エイル 作詞:Eir、津波幸平 作曲・編曲:津波幸平



動画は8人合奏ですが、おまけでコーラスパートのMMLも置いておきます。

MMLは 続きを読む をクリックです。

2020年4月19日日曜日

MML:風の通り道(ソロ)

風の通り道(となりのトトロより)
作曲:久石譲


演奏動画はピアノ→リラ→ハープと変わります。


2020年3月25日水曜日

MabiIccoとエリンでの音量差について


MabiIccoの音量とマビノギ内(エリン)で音量のばらつきがある事について

ここのところ、MMLを弄っていて
MabiIccoとエリンで音量が違う事に
違和感を感じていたので、いろいろと調べてみました。

具体的な例で言えば、合奏でフルートの音、MabiIccoでは
いいバランスなのに、エリンで試奏するとやたらと音が小さい!

これはどうしたものか!と思ったので音量を調べた結果

どうやらマビノギ(エリン)では 
MSXspirit01.dls で音を鳴らしているみたいでした。
このファイルにはハープ、歌以外の音源が収録されていて、
音色の内容はMSXspirit.dlsと同じ。
MSXspirit.dls自体は最初の頃からあるDLSですが、
今は使っていないのかもしれません。

でDLS自体の音源を調べてみたところ、
MSXspirit.dlsとMSXspirit01.dlsで
音量の差異がありました。

となると、MabiIccoでDLS指定でMSXspirit.dlsを含めていると
そちらが鳴る様なので、設定からDLS情報を一旦クリアして
MSXspirit01.dls,MSXspirit02.dls,MSXspirit03.dls,MSXspirit04.dls
を指定すれば、MabiIccoとエリンでの音量差が
改善されると思います。



2020年3月5日木曜日

MML:秘密戦隊ゴレンジャー(7人合奏)

秘密戦隊 ゴレンジャー

作詞:八手三郎 作曲・編曲:渡辺宙明 歌:ささきいさお

特撮番組『秘密戦隊ゴレンジャー』初代エンディングテーマ



MMLは 続きを読む をクリックです。

2020年1月30日木曜日

ChromeでNGM起動確認ポップアップが出る件

マビノギを起動する際、NGMの起動確認ポップアップが表示されます。

過去のChrome(76.xxまで)だと、そのポップアップ内に許可するチェックボックスがあって、チェックしておけば以後、確認ポップアップが出ない仕組みでした。が、
Chromeのバージョンアップ(77.xxx以降)でセキュリティポリシーに変更があり
外部プロトコル起動の確認ポップアップでの実行許可チェックボックスがなくなりました。

つまり、ブラウザから外部プログラムを起動する際は必ず確認ポップアップが表示される。ということになります。
難儀なことに、ブラウザーの設定でホワイトリスト(許可リスト)の項目がないので
一般ユーザーは必ずポップアップを確認しないといけない事になります。

ですが、Chromeの設定ファイルを修正することでポップアップを表示しないように
出来るのでその方法を書いておきます。

※動作確認は バージョン: 79.0.3945.130(Official Build) (64 ビット)
 で行っていますが、Chromeのポリシーに則した修正でないかもしれないので
 今後も使えるかどうかはわかりません。



修正するファイルはChromeの設定ファイルで
Preferences

格納場所は 
c:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default

で、修正内容は外部プロトコルの設定なので、ngmは常に許可の状態にします。

protection":{"macs":{}},"safebrowsing

と書いてある箇所を以下の通りに修正します。

protection":{"macs":{}},"protocol_handler":{"excluded_schemes":{"ngmj":false}},"safebrowsing

※修正するときはChromeは必ず閉じておいてください。
※修正後Chromeを起動した際に、復元しますか?と聞かれたらキャンセルしてください。

以下は修正用のバッチファイルです。
コピペしてバッチファイルとして保存後、DOS窓を開いて
バッチを実行すれば、修正してくれます。

2019年12月5日木曜日

作曲ツールのドラム対応

11月20日のアップデートでドラムが実装されました。

マビノギ用の作譜を、MabiIcco または 3MLE で行っている方も多いと思うので

今回追加されたドラム音源の対応方法をツール別に解説します。


1.MabiIcco (確認バージョン v1.0.39 )

  MabiIccoの音色プロパティファイル(properties\instrument_ja.properties)に
  に以下の内容を追記します。
27=ドラムセット
  これでMabiIccoの音色リストにドラムセットが表示され使用できます。

  ※補足
  DLSの再設定についてはこちら
  


2.3MLE

  3MLEは既に開発が終了していますが、北米有志がDLSを一本化することで、
  新規音色対応しています。

  北米版の3MLEをダウンロードすれば使用可能ですが、そのままだと音色名が
  英語なので、楽器定義ファイルを修正して対応します。


      北米版の3MLEはこちらから ( mabibeats )

  2.1.DLS設定を変更
  まずは北米版3MLEの中にある mabibeats2-level2.dls を取り出し
  任意のフォルダに置きます。

  設定→環境設定からDLS演奏タブ内のDLS音色ファイルを任意のフォルダに
  置いた mabibeats2-level2.dls を指定します。

  2.2.音色名の日本語化
  音色名を日本語にする場合は、楽器定義ファイルを
  こちらからダウンロード ( mabibeats2-level2.def )

  設定→環境設定からMIDIタブ内の楽器定義ファイルをダウンロードしたものと
  差し替えて3MLEを再起動すれば完了です。

  

2019年10月28日月曜日

ドラム実装について

お久しぶりのブログ投稿です。

10月5日に開催された、マビパ出張版・札幌で告知されたアップデートの話で
音楽系の情報がありましたので、少し書きたいと思います。

早いものでマビノギの音楽系アップデート『MusicQ』から早3年経ちました。
今年5月、韓国ではオフラインイベントでオーケストラコンサート、ゲーム内ではアルペジオコンサートホール実装、ドラム実装がありましたね。
そうです、それが2019年秋に日本で実装とオフイベで発表がありました。
(札幌だと秋は10月までなんだよね・・・w)

演奏を楽しむ人にとって、ドラムは長年の夢(まぁ他にも沢山あるけどきりが無い)ですが、仕様は?作譜するにはどうすれば?と早る気持ちがあると思うので、先行して9月に実装された北米マビノギの情報等と合わせて説明します。

まず、11月に来るであろうアップデートの内容は
1.アルペジオコンサートホール実装
2.ドラム実装
3.ペットシステム改変
となる様です。ここでは演奏に関する事を中心にするので、3.は省きますね(

1.アルペジオコンサートホール
(北米のアップデート予告のプロモーション動画)


イメンマハに新たに作られるコンサートホールでNPC公演やユーザー公演が出来る場所らしいです。
ユーザー公演をするには予約制で1M必要で、興行主はチケット価格を設定(0Gold~10万Gold)してチケットを販売するそうです。
使用できるCHは決まってるようで、また曜日による制限もある模様。
観客にはバフなどいろいろな効果がある様です。

2.ドラム
(北米のアップデート予告のプロモーション動画)


待ってましたのドラム!音色数は15音あるそうです。
ドラムの入手方法は
・イベントクエなどイベントでの入手
・交易所での入手(500万DC)
となる様です。

ここで気になるのが音色と作譜。
北米での実装後、ドラムに対応した3MLEが有志により配布されていましたので、
そちらのからお借りして、MabiIccoでの対応法も合わせて説明します。

まず、北米版3MLEをダウンロードします。この中に3MLEとドラムが入ったDLSがあります。(3MLE - MabiBeats Edition 5.0.0)
3MLE北米版のサイト

3MLEを使う方
解凍後、そのまま使用すればドラムセットが使えます。

MabiIccoを使う方
解凍された中にある SoundFonts\mabibeats2-level2.dlsを参照することで
MabiIccoでもドラムセットを使うことができます。
設定方法は
1.MabiIccoの設定ファイルを修正する
2.参照DLSを変更する
の2点となります。

1.MabiIccoの設定ファイルを修正
MabiIccoがインストールされているフォルダ内にあるpropertiesフォルダを開き
『instrument_ja.properties』をテキストエディタで編集します。
以下の内容を最後に追記します。
# Drum
27=ドラムセット

2.参照DLSを変更
MabiIccoを起動しメニューバーの設定→DLS情報をクリアを選択し、MabiIccoを再起動します。
再起動すると、DLS情報を求められるので、『mabibeats2-level2.dls』を選択します。

これで、ドラムがMabiIccoでも使える様になります。
※内包されている他の音色は既存のものも含まれています。


おそらく、11月の第3週メンテで実装されると思います。楽しみですね(*´▽`*)


※この投稿の内容は、北米版マギノギの情報を元に作成しています。日本実装で異なる場合があります、実装予定はあくまでも予想です。